星たび  星たびdiary 金環日食特集    金山巨石群で見る金環食

金環日食の朝、金山巨石群は快晴。
限界線の予測どおり金環の右下側は極細のリングが確認できました。
金環日食観察会に集まって戴いた皆様、ありがとうございました。
    2012.5.21--樋口

金山巨石群は金環日食の北限界です

 金山巨石群から見た2012.5.21金環日食(予想写真)
 金山巨石群の線刻石のある巨石群から金環日食を見る。
最大食で金環食になるとき、東の山巨石群の上に見える。
2012年5月21日07時32分頃(Photo合成:M.Higuchi)
(画像をクリックすると大きな画像が表示されます。再度クリックすると戻ります。)

金山巨石群で金環日食

5月21日(月)は この日の朝、九州南部から四国、近畿南部、東海、関東で 金環日食、それ以外の日本全国で部分日食を見ることができます
金山巨石群はこの金環日食と部分日食のちょうど境界になる「北限界線」と重なります。
金環日食は、日食の中心が通る日食中心線を中心とする帯状の地域で、 北限界線と南限界線に挟まれた地域で、太陽がリング状に見ることができます。 北限界線はリング状に見るところと部分日食になる場所のちょうど境目になります。
現場で撮影した写真にシミュレーションデータを合成して、金環日食の予想写真を作成しました。
ここで使用している北限界線は、国立天文台の相馬充さんらが月の地形を考慮して計算された データをもとにしています。

金環日食金山巨石群の予想経過

岐阜県下呂市金山町岩瀬の金山巨石群は、予想される北限界線に重なっている場所になります。
下表の状況は観測の参考にして下さい。

金山巨石群
時刻食分状況
4時42分日の出。金山巨石群からは見えません。
6時18分0.00【第1接触】日食の始まり。この頃になるとやっと山の向こうから明るい太陽の光が射してくるでしょう。太陽が欠けるのは右上から始まります。
6時56分0.50太陽直径の50%が隠されます。
7時15分0.75野鳥の行動に変化がでてくる頃です。
7時25分0.87少し薄暗くなってきたのが感じられる頃です。太陽は三日月より細くなります。
7時28分0.90太陽はアルファベットの"C"に見えます。地面に映る木漏れ日の形にも注意してください。
7時30分0.92C形の端と端が伸びてきます。
7時31分0.93"C"の欠けた部分に点々が現れます。ベイリー・ビーズが見られるか。
7時32分23秒0.94【第2接触】"C"の欠けた部分は時計の4時の位置でつながります。金環食の始まりです。皆既日食の場合はダイヤモンドリングが見えますが、金環日食はゴールドリングです。
7時32分49秒0.94最大食です。左上は太く右下は細く、月の表面の凹凸で途切れて見えます。金山巨石群が限界線にあるからです。
7時33分13秒0.94【第3接触】金環食継続時間は50秒。金環食は終わり、部分食になります。リングは時計の5時の位置から離れていきます。
7時34分0.93"C"の欠けた部分は6時の位置になります。
7時35分0.88右上が太い三日月形になります。
8時13分0.50太陽直径の50%が欠け残る形です。
8時58分0.00【第4接触】部分食も終了です。


期待をされているところに、水を差すようですが・・暗くはなりません

日食は月が太陽を隠す現象です。太陽の手前に月が入り込み、といっても月は凄く地球に近いのですが。
月と太陽の距離と大きさを比べると、太陽は月の約400倍の距離と約400倍の大きさがあるので、地球からは概ね同じ大きさに見えます。これを平均の意味でいつもの時とすると、
地球は太陽を楕円軌道で回り、月も地球の回りを楕円で回るから、見かけの大きさはそれぞれ大きく見えたり小さく見えたりするわけで、(参考資料−太陽と月の視直径 参照)
日食の5月21日には、太陽はいつもの時より少し遠く1%余り小さく見えます。月はいつもの時よりかなり遠く8%余りも小さく見えます。
このため月は太陽を隠しきれず、直径の6%を残して最大食となります。面積では太陽の87%余りしか隠さない金環日食なので、13%も光が残っているから暗くはならないのです。

太陽と月の見かけの比較
天体 地球〜 5/21の日食
概ね直径
(km)
直径比 概ね距離
(km)
距離比 近地点距離
(km)
遠地点距離
(km)
距離
(km)
距離いつも
と比べ
視直径 最大食分
太陽 140万0000 400 1億5000万0000 400 1億4709万8074
1/5 AU0.9832
1億5209万7701
7/5 AU1.0166
1億5182万1000 1.012 31.6' 0.939
3500 1 37万5000 1 35万6955
2012年は5/6
40万6442
2012年は5/20
40万5900 1.082 29.7'

立木が多くあります・・日食の連続撮影には不向きです

最大食の予想画像

金山巨石群での金環日食の予想画像 金山巨石群
(下呂市金山町岩瀬)
金環継続時間 0分50秒
最大:7時32分49秒
食分:0.940
天候:薄曇り(マウスオーバー:晴れ)

でも、金山巨石群で日食観察会に参加されるなら・・・

限界線の近くはベイリー・ビーズを長く観測できます。

ベイリービーズ

金山巨石群は、限界線に重なっている場所であることから、ベイリー・ビーズが見られる期待があります。
太陽の光の輪が月面の凹凸により途切れ途切れになって見える現象で、 イギリスの天文学者フランシス・ベイリーが観測したことから「ベイリーの数珠」ともいわれます。


太陽を直接見るのは危険です

金環日食を直接見るのは、強い可視光と近赤外線によって網膜が傷つけられ、目に障害を起こすことがあり、非常に危険です。
専用の日食観察グラスを用いることをお勧めします。また、それを使って双眼鏡や望遠鏡で覗くのもしてはいけません。

2012年5月21日 金環日食 の 観察方法

金山巨石群の観測会

5月21日は二十四節気の小満です

岐阜県下呂市金山町の金山巨石群で、 ・ 夏至約30日前の太陽観測会があります。
金山町観光協会のホームページに、金環日食の観測会と星空観察会の案内があります。
「金環日食観察会」と「北極星・北斗七星観察会」は、樋口が解説をさせていただきます。


 参考資料

サロス周期について

サロス周期とは、 太陽と地球と月が相対的にほぼ同じ位置に来る6585.3212日(約18年10日8時間)を1サロスといい、 月と太陽の周期の公倍数が同じになることから、ある日食または月食から太陽と地球と月が相対的にほぼ同じ位置に来ることで、 1サロス後にはほぼ同じ条件の日食または月食が起こる。
ただ8時間のずれは地球の自転で地域が1/3変化するため、同じ地域で同じ条件の日食は3サロス(約54年31日)を要する。
サロス周期
1回(日) 1サロス(日) 1サロス (年) 3サロス (年) 摘要
食年 346.62 19 6585.782 18.0313 95.0938 太陽が白道の昇交点を通過して再び白道の昇交点に戻る日数
朔望月 29.53059 223 6585.2312 18.0300 54.0900 月が太陽を追い越して再び追い越す日数
近点月 27.55455 239 6585.538 18.0306 54.0918 月が公転軌道上の近地点から軌道を一周して再び近地点まで戻るまでの日数
交点月 27.21222 242 6585.357 18.0301 54.0903 月が公転軌道上の昇交点から軌道を一周して再び昇交点まで戻るまでの日数
平均 6585.3212 約18年10日8時間 約54年31日

2012年5月21日の日食 (金環日食)には、128番(全73回の58番目)の番号が付けられている。 NASA - Catalog of Solar Eclipses of Saros 128には、 "09535 15 2012 May 20 23:53:54 ・・・"の記載がある。
これによると、3サロス前の1958年4月19日に金環日食があり トカラ列島で金環食と全国で部分食が見られている。 また1サロス後の2030年6月1日には北海道で金環日食、日本各地で部分食が見られる。
サロス周期は古代から知られており、日食の予報に利用されてきた。

リンク

参考資料;

日食ソフトでシミュレーション

ベイリー・ビーズ

 金環日食を撮影して、ベイリー・ビーズが写った写真です(国立天文台)

月縁図

ベイリー・ビーズを説明するための月縁図として使用。
月周回衛星「かぐや」のレーザ高度計データによる、 相馬 充 (Mitsuru SOMA) さんのホームページかぐやによる月縁を考慮した2012年金環日食予報金環日食時の月縁を使用して、地平座標に合わせて回転しました。

太陽と月の視直径


観察会での配布資料


リンク:

(2012.4.21 update:2012.5.19)

Copyright (C) 2012 星たび M.HIGUCHI All Rights Reserved